スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイ収納ケース デジパラVerその①

昨年発売した、デジタルパワーランチャー。

大会やベイ太などに足を運ぶと必ず数名目にしますね。

我が家ではシュートはワインダーではなくベイランチャー1本ですのでYuuは

そんなには欲しがらなかったのですが、見た目のかっこよさからHALは欲しがって

いたので昨年贈呈しました。(初めはパパのだったけどあげちゃいました)

もちろんHALは気に入って使っていたのですが、これが意外とかさばって今までの

ベイケースには入らない。

そこでYuuと同じひと回り大きいベイケースにモデルチェンジ!

と、今まで使っていたベイ収納スポンジ枠の大きさが全然合わないので再度製作しなくては

ならないのだが、どうせならこのデジパラも収納できる仕様にしよう。と言うことで

さっそく開始。

まずは新ベイケース最下段に収納したいアイテムをザッとならべる。

アバウトなレイアウトが出来たら、次は紙に各アイテムを転写していくわけだが、

今回アイテムの間隔がかなり狭くなる為後々の事を考えて薄めのダンボールに転写。

出来たらこれをクラフトナイフ等を使い慎重にくり抜く。

こんな感じに・・・。
CA3C0342.jpg


そ~したらこれをスポンジの上に乗せて軽くてでおさえて適当な色つきのスプレーを

軽く吹きかける。
CA3C0343.jpg


2~3回吹きかけると形がくっきり残ります。

ここで注意したいのがあまり厚塗りするのではなく、あくまでも形がわかればOK

スポンジにペン等で形を書くのはとても困難です。このように軽くスプレーすることにより

簡単に輪郭を転写できます。
CA3C0344.jpg


この状態でしばらく乾かしその後いよいよカットにかかるのですが、
CA3C0345.jpg


初めにリスクの高い円をカットする事をお勧めします。

今回は前回同様ホールソウと言う工具を少し加工し転写したアール(円)に合うホールソウにて

穴を開けてしまいます。

こんな感じ。
CA3C0346.jpg


出来たらその他の部分を慎重にカットしていきます。

カットしていて少しでも切れ味が悪くなったかなと思ったらすぐ刃を変えるのがポイントです。

変えた刃は他の紙などを切る時に全然使えるので取っておいてくださいね。

で、カットするとこんな感じです。微妙なラインの乱れはこの段階ではまだ多少あっても大丈夫です。

CA3C0347.jpg


とにかく相手はスポンジで柔らかいのでスポンジが変形したりつぶれたりしたりした状態でカットしない。

あくまでも、普通の状態でカットする。すなわちベストな刃でそんなに力もいれずにカットしていくのが

コツです。

っと今日はここまでで御勘弁を。続きは乞うご期待という事で・・・。

スポンサーサイト

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

comment

Secret

うー!

すごい!の一言です・・・

切断手法・・・おっしゃるとおりで・・急がず慌てず・・
コレが難しい・・・何度も繰り返したくないのですが、
あんまり繰り返すとズレがいやですよねえ~
切れ目をなぞるのが一番気を使います・・

私は変形・ズレを抑えるためにテープを上から張っちゃって
きってますけどコレは素材を選ぶんで・・・

しかし、この密度!

それと、各アイテムの高さ関係をどうみるか。
この辺と耐久性が難しいところですね!


あ~

スイマセン。書き忘れました。

型取るのになぞり、どうやってますか?
うまくジャストサイズにコントロールできないんですけど・・・

Re: うー!

>ど~もです。

変形・ズレを抑えるためにテープを上から張っちゃって

というのは、ナイスアイディアですね。柔らかめのスポンジほど
有効になりそうですね。
又密度の濃いスポンジは摩擦が高くなるために刃の進みが渋くなるんですよね。
コレが結構課題になるところで、セルスポンジ系は見た目はかっこいいのですが
爪で引っかいてしまった時などの耐久性に劣るのかな?といった感じです。
4月に新ベイの発売も控えていますし更に改良が必要になるかもしれませんね。
またナイスな素材探してみま~す。

Re: あ~

> またまたど~もです。
 型取りですか~ぁ
 私の場合はランチャーなら以前に壊れて分解したものを取って置いて
 半分になったものを鉛筆でなぞったり
 後はケースの内寸を測りそれをコピー用紙に書いてそこに現物を並べて
 大体のレイアウトを決めて現物にて大体でなぞり、その後現物の実寸を
 ノギス等で計測しその約1~2mm大きく正規の寸法として書いています。
 アール部や曲線は現物と照らし合わせながらフリーハンドで描きまずは
 コピー用紙上で完璧に仕上げます。この方がいろいろやり直し等が効くので。
 その後厚紙やダンボール等にJIGとして残す為に再度コピーしてます。
 一度型を取ったベイランチャーやグリップのJIGはレイアウトを変えても
 個々の形は使えるので初めの1枚を作ってしまえば後々は楽です。
 セルスポンジ系じゃなく100均レベルのスポンジでしたら気泡も多く
 カッターの刃も通りやすいので加工しやすく、直線だけは確実に決めておけば
 意外とはまってしまえばいけます。
 参考になったかな~?
 
★ご協力おねがいいたします
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
プロフィール

こじこじ

Author:こじこじ
4motions BEYへようこそ!
さいたま市在住で二人の息子とベイブレードや釣りなどの出来事を綴って行きたいと思います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一票お願いします!

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入りのページ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ちょっとした贈り物にも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスありがとう!です
ブログ始めてみませんか?
ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。