スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装強化!?の続き…

先日かなりてこずっていたYuuのグラペルちゃん

ですが、パパの仕事場にてなんとかやっと

塗装を落とす事が出来ました。

といっても、シンナーを継ぎ足しながらどぶ漬けして

歯ブラシなどでひたすらゴシゴシしてやっとこ

こんな感じ。まだなんだか汚い感じですね~
落としたて

で…よ~く見ると、前にやった時と少し様子がおかしい

ベースになる地金の表面がザラザラ・・・。
横から

これをコンパウンド(粗目~細目)を使い磨いていくと

こんな感じに
磨き後

今回の場合、つまり通常塗装する時は塗料の密着が良くなるように足付けと言って

サンドペーパー等(#800~1200)で傷を付けていきます。

こうする事により、塗料のくっ付く面積が増え剥がれ難くなるといったわけです。

今回塗装を剥がすとベースになるウィールが生産時に金型から外された時の

状態があまり良くなく滑らかな仕上がりではなかったようでこのザラザラ面に

必要以上に密着してしまった感じのようでした。

さすがに今あるベイの塗装を剥がしまくるのも難ありなのであまり検証するつもりは無いのですが

生産ラインによってはこのようなウィールもあるかもしれませんね。

最後に目になる部分を赤くペイントしこんな感じ・・・。
目塗装
Yuu用完成

パッと見は前にHAL用に作ったのとほとんど変わりませ~ん

あくまでも私の場合のカスタムは大会に使用できなければ面白みが無いので

WBBAに確認を取りながら大会で使用できる範囲で行っております。

ですので基本的にアタックポイントには塗装は行わない手法でカスタムしてます

なんか物足りないシンプルな感じですが御了承下さい

最近ではYuu&HALも単色カスタムではあまり驚かなくなってしまったので今度は

複数の色を使い少し変わった模様なども今考案中です

また出来たらアップしたいと思いま~す

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

塗装強化!?

こんばんは。こじこじです

正直今日は大したネタがありません。
 
強いて言えば1つ先日Yuuにグラペルの黒いメタルウィールの色をHALのと同じように

落として艶々仕様にして欲しいといわれていたので、さっさとやってしまいたいと思います。
Yuuグラペル

材料は前回同様簡単で

 ・洗浄用のシンナー(ホビーショップなどで売っていて安い)
 ・ブラシor筆(注)ポリやプラ製のブラシは溶けてしまう可能性大です
 ・竹串
 ・器(シンナーを入れます)
 ・新聞紙
必要道具

です。この器にベイを入れベイが完全に埋没するまでシンナーを入れます。

後は一旦30分くらい放置します。
ドブ漬け1

予定ではこれで3分の2以上は剥がれます。

・・・が、30分経っても一向に剥がれる気配がありません。

そして1時間経過して一旦揚げてみると確かに塗膜は侵されているのですが

強くこすらないと落ちません。

ちなみに前回やったHALのグラペルは夏のWHFの先行販売で買った初期物

今回のYuuのグラペルは大会用に用意した物で2週間前に買った物

明らかに耐有機溶剤性が向上しています。簡単に言うと塗膜が硬く有機溶剤の

浸透性が低いと言う事ですかな!?

確かに練習や大会で数回バトルしているのですが、剥げている箇所が無く

傷もかすかに付いているだけ。

私が塗装のお仕事をしていた時は塗膜の強度を測る機器も使いましたが

その位しないと本当の所は解りそうもありませんね

恐らくこの気温ですから一晩や数日置けば剥がれきるとは思いますが

そんなにゆっくりしてられません。

こうなりゃ工具使ってでも剥がしてやる!とおもむろに取り出した電動リューター
リュータープラ

先端にブラシツールを付けゴーシュート!
リューター作業

全然はがれません。

チクショー!ならこれだ!真鍮製金属ブラシ
真鍮リューター

これでど~だ!と思ったら今度は傷が付く・・・。
真鍮リューター作業

これはマズイ。すぐやめてまたシンナードブ漬けに・・・(何なんだよ~もう!)

こんな連日の記事になるとは予想していませんでしたが、明日までこのまま

ドブ漬け放置プレイさせて頂きま~ス!

後はパパの会社に行ってそれなりの工具使ってみようと思います。

他のベイもこの位しっかりした塗装性能ならかなり見栄え問題も向上しそうですね。

何せ4月以降塗装されたメタルウィールがドッと増えましたしね

今までのベイですぐに塗装が剥げるとか、せっかく青なのに汚くなるなど苦情があったのですかね?

何れもメーカーが品質向上のためにやってる事ならOKとしましょう

そういえば始めの頃ベイランチャーの爪がよく折れ交換してもらってましたね。

それが今やほとんど爪が折れなくなりその前に紐やランチャーが壊れるくらいになりました。

これもメーカーでは折れにくくなるよう配合を変えたとの返答でした。

ちゃんとお客様の声が届いてる実感が持てるというのはうれしい事です。

大分話が反れましたが、後日うまく行ったら方法などをまた紹介したいと思いま~す。

今日はこの辺で勘弁という事で・・・。




theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

パパ’sギャラペガ開封

今日先日手に入れたマイギャラペガを開けてみました。
PAP_0024.jpg

Yuu&HALは先行販売当日には開けてとっくに傷だらけになっているのですが、

それを見てコレは1回でもバトルしたらもう後はボロボロになっていくだけだなぁ~

と開けるのを拒んでました。

あの青色が傷ならともかく剥がれなければ最高なのに・・・。(と思いませんか?)

そんな無残な姿は見たくないため、開封するついでに

メタルウィールのブルーを剥離しちゃいました。

今回使用の道具はコチラ
PAP_0023.jpg

・新聞紙
・ホビー用のシンナー
・筆(小、平中)
・シンナー用の容器

です。まずは裏のあまり影響の無い所でシンナーを筆に付けどの位落ちるのか

チェックしてみます。
PAP_0022.jpg

今回の塗装はさすがアタックポイントを含む塗装なためいつもの塗装よりも

簡単には落ちないように2コート塗装されてました。(筆くらいじゃ全然落ちません)

残すは漬け込みです。

シンナーで溶けないような器にベイが埋没する位のシンナーを入れて

このように漬け込んでしまいす。中身は金属ですのでシンナーにて侵される事は無いので

大丈夫です。

漬け込んでから10分経過。少し剥離してきましたね
PAP_0021.jpg

30分経過。かなり剥がれてきました。
PAP_0020.jpg

この辺で1度上げて竹串等を使用して落ちにくそうな所や奥の方などを引っかきながら

落としていきます。
PAP_0046.jpg

とその時気になる所を発見。

なんだこの裏側に1箇所だけ詰め込んであるような金属片・・・。(写真左側の羽の上側)
PAP_0045.jpg

Yuu&HALのを見てもそんなもの付いてない。

パパのはA2でYuu&HALのはA4

重さはパパのが塗装剥がした状態で29.4g

Yuu&HALのが29.2g

アレが付いてる分パパの方が重い。

コレってなんだろう?

車のタイヤで言うバランスウエイトなのか?

外してバランス狂うのも勘弁だし仮に大会等でベイチェックしたら

絶対ウェイト増しの不正っぽく見えるよなぁ~これ。

後でチョッと調べてみる事にして

先へ進む事に

粗方落ちたら最後にもう10分漬け込みます。
PAP_0047.jpg

で、出来たのがコチラ。
PAP_0044.jpg

ウエスでふき取りまだ残ってるわずかな塗装を見つけ竹串で落としてしまいます。

コレが塗装前の状態で所々艶が無い所も多いのでここで金属磨き等のコンパウンドで

磨きます。

ここまでで正味1時間くらいでしょうか。今までと同じタイプのメタルウィールの

出来上がりです。

組んでみると・・・
PAP_0041.jpg

ん~。コレコレシンプルでキレイでそれでいて気兼ねなくシュートできる感じ。

パパ的にはこっちの方が好きだな~

これなら定期的に磨いてやれば艶も戻るしガンガン回す気になってきますね。

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

久々のベイ塗装コーナー

昨晩弟のHALよりベイの塗装依頼があったので今日は久々にLet's塗装。

今回は先日WHFにて購入したポイズンサーペントのクリアウィール

初めに付属のシールは貼ったけどバトルしているうちにすぐボロボロになり

剥がれてしまったようです。

リクエストとしては蛇の目が赤かったのでクリアウィールに型取られている

目の部分を赤く塗って欲しいそうです。

まぁ~この位ならお安い御用です。

まずはお約束通り慎重にマスキング。
CA3C0335.jpg


今回は塗る面積がとても小さいのでここで密着向上剤を薄く塗布

5~10分後に塗装開始
CA3C0336.jpg


色は赤で通常はこの後にクリヤーを塗って色の上に1枚膜を作るのですが、

今回場所が場所でこの小さな面積内に溜まってしまうとマスキングテープを

はがす際に問題があるので今回はこの赤のカラーベースにクリヤーを少し混ぜて

この赤自体に艶を持たせてしまいます。

1回に塗る膜厚も極力薄く塗り焦らず2~3回に分けて塗っていきます。

十分下色が隠れるほどに塗れたらすぐにマスキングを剥がしていきます。

ここもせっかく塗ったのにマスキングを剥がしている時に触れてしまうと

関係の無い所に色が付いてしまうので慎重に!

塗ってすぐ剥がすのには理由があってこれを完全に乾いてから剥がすと塗装面と

未塗装面の境目にバリが出来てしまいそこをきっかけに剥がれやすくなってしまいます。

塗ってすぐ剥がすことにより乾燥後に境目が滑らかに落ち着いてくれます。

又乾燥後にマスキングを剥がそうとすると膜が一続きになっている為塗った所も一緒に

剥がれてきてしまいます。

出来たのがコレ
CA3C0337.jpg


塗った面積が極端に少ないのであまりインパクト無いですが、組んで見ると

シールだと赤い目は2匹だけだったのがコレで8匹の赤い目が出来ました。

シールとは又違った良さがあります。(付属シールと組み合わせてもカッコいいかも?)

塗装ついでにYuuパパの予備ペガシスも塗装
CA3C0339.jpg


ブースターのブラックペガシスの黒だけを剥離しそこにクリアレッドにて塗装

コレがまた下手したら製品よりキレイってくらい上出来!!

ずっと探していたランブーVo1のレッドペガシス

もう出てこないだろうなぁ~と思い。パクッちゃいました

(別に販売するわけでもないしタダの自己慢ってな感じです。)

恐らくYuuかHALが欲しい欲しいって始まってあげる事になると思いますが・・・。

塗装にあたりスーパーマスキングをしたのですが、あまりにも集中し没頭していた為

工程写真撮るの忘れました!スミマセン

久々の塗装コーナーでした!

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

ママ専用試作ランチャー

今日は先月から用意していたママ専用のランチャ&ランチャーグリップにお試しで

手を加えて見る事にしました。

といってもステッカーチューンは剥がれてしまう欠点があり仕上がりが安っぽくなってしまい

どちらかというと子供向け。

ママもあまりペタペタ貼るのは嫌だという事でパパによる塗装でやることに。(パパは以前塗装職人)

ここでもママのリクエストであまりしつこくなくてシンプル系がいいとの事

まぁ今回は試作という事でエアブラシを使い単色(1色)でやってみる事に・・・。

CA3C0260.jpg


バーンはHALのリクエストにより文字部をクリヤブルーにてペイント

グリップ&ランチャーはママのリクエストにより蝶を取り入れてパープル系にてソリッド塗装。

作業的にはそんなに難しくないので苦労はしなかったけどYuuパパ個人的にはなんか芸がないと思い

ママにもっと本物にいるっぽく黒をベースにグラデーションなど入れた方がいいと思うよ。と考案

見本を見せると100%納得。

あくまでも今回は試作なので次回その方法にて本製作の予定です。(パッと見は良いんですけどねぇ~)

theme : ホビー・おもちゃ
genre : 趣味・実用

★ご協力おねがいいたします
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
プロフィール

こじこじ

Author:こじこじ
4motions BEYへようこそ!
さいたま市在住で二人の息子とベイブレードや釣りなどの出来事を綴って行きたいと思います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
一票お願いします!

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入りのページ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ちょっとした贈り物にも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスありがとう!です
ブログ始めてみませんか?
ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。